Wi-Fi6 って何?メリットを初心者にもわかりやすく解説

もば美もば美
Wi-Fi6 ?聞いたことないんだけど…Wi-FiはWi-Fiでしょ?
もば平もば平
Wi-Fi6 は2019年9月からスタートしたWi-Fiの新規格で、それまでのWi-Fiの4倍程のスピードが出ると言われてるんだ!

 今や、自宅はもちろんのこと、学校、コンビニ、駅、ホテルなどで当たり前に使われているWi-Fi。小さな子供から年配の方まで、多くの方が、Wi-Fiという言葉を耳にしたことがあるのではないでしょうか。

 しかし、Wi-Fiの規格には、数種類あるということを知っている人は少ないでしょう。

 実は、Wi-Fi、2019年9月に第6代目となる「 Wi-Fi6 」がスタートしました。 Wi-Fi6 は、これからもっと普及し、どんどん社会は便利になっていくことでしょう。

 これまでのWi-Fiと最新の Wi-Fi6 は、どこがどう違うのか。 Wi-Fi6 のメリットなど、わかりやすく説明していきます。

Wi-Fi6とは?

Wi-Fiの通信規格

 Wi-Fi6 の説明をする前に、まず、Wi-Fiの通信規格について説明しましょう。

 Wi-Fiの詳細は、「IEEE802.11」という規格で決められています。ちなみに、読み方は「アイ トリプル イー ハチマルニ テン イチイチ」です。

 Wi-Fiの規格は、古い順から「IEEE802.11a」「11b」「11g」「11n(Wi-Fi4)」「11ac(Wi-Fi5)」と続き、最新の「11ax( Wi-Fi6 )」が登場し、対応機器が増え始めています。

 Wi-Fiの規格の変遷は次のとおりです。

世代呼称規格最大通信速度周波数帯
第1世代
(1997年)
IEEE802.11a54Mbps5GHz
第2世代
(1999年)
IEEE802.11b11Mbps2.4GHz
第3世代
(2003年)
IEEE802.11g54Mbps2.4GHz
第4世代
(2009年)
Wi-Fi4IEEE802.11n600Mbps2.4GHz/5GHz
第5世代
(2013年)
Wi-Fi5IEEE802.11ac6.9Gbps5GHz
第6世代
(2019年)
Wi-Fi6IEEE802.11ax9.6Gbps2.4GHz/5GHz
               GbpsはMbpsの1,000倍の単位

Wi-Fi6とは?

 Wi-Fi6 とは、2019年から使われるようになった最新のWi-Fi規格のことです。周波数帯は2.4GHz帯と5GHz帯の両方を使用でき、また、最大通信速度は9.6Gbpsと過去最速です。2.4GHz帯と5GHz帯の違いについて知りたい方は「Wi-Fiの5GHzと2.4GHzの違いとは?メリット、デメリットを解説」にてわかりやすく説明していますので、参考にしてみてください。

 上記の表を見ればわかるように、世代が新しくなるにつれて、最大通信速度が速くなっています。なお、最大通信速度とは、理論上可能な最大の速度のことですが、実際に自宅などで使用する場合は、様々な要素の影響で通信が阻害されますので、最大通信速度で通信することは難しいでしょう。

 ちなみに、インターネット契約の最大通信速度が遅ければ、Wi-Fiを最新のものに買い替えたとしても通信速度は遅いままです。例えば、インターネット契約の最大通信速度が1Gbpsなのに、 Wi-Fi6 対応のWi-Fiルーター(最大通信速度9.6Gbps)を接続したとしても、最大でも通信速度は1Gbps程度しか出ません。

 つまり、 Wi-Fi6 ルーターの機能を最大限引き出したいのならば、最大通信速度が10Gbps程度のインターネット契約をする必要があるということです。

Wi-Fi6 のルーターに変えたら、スマホなども買い替えないといけないの?

 Wi-Fi6 対応のルーターに買い替えたら、今まで使っていた Wi-Fi6 に対応していないスマホやタブレットも買い替えないといけないの?という疑問が浮かぶと思います。

 答えは、「買い替えなくても大丈夫!ですが、 Wi-Fi6 の速度を最大限引き出すなら買い替える必要がある!」です。

 Wi-Fi6 は、Wi-Fi5やWi-Fi4しか対応していないスマホやタブレットでも使うことができます。これを、「 Wi-Fi6 はWi-Fi5やWi-Fi4と互換性がある」と言います。 Wi-Fi6 は、今まで使っていたWi-Fiと互換性があるので、今まで使っていた機器もそのまま使えるのです。

 そのまま使っても問題はありませんが、そのままでは通信最大速度はWi-Fi5やWi-Fi4の速度のままです。したがって、 Wi-Fi6 の速度を最大限引き出したいのであれば、 Wi-Fi6 に対応したスマホなどに買い替えるのがよいでしょう。

 ちなみに、 Wi-Fi6 に対応しているスマホは、iOS端末では、iPhone11シリーズやiPhone SE(第2世代)以降のもの、アンドロイド端末では、galaxy 20 5G、AQUOS R5G、Xperia1 Ⅱ以降のものなどが該当します。

Wi-Fi6のメリットは?

 それでは、現時点で最強最速の Wi-Fi6 のメリットについて、説明していきます。

最大通信速度だけじゃない!速度(実行スループット)の向上!

 Wi-Fi5の最大通信速度は6.9Gbpsですが、 Wi-Fi6 では最大通信速度が9.6Gbpsになりました!つまり、 Wi-Fi6 はWi-Fi5と比較して、1,4倍の速度へと高速化されたのです!

 …この最大通信速度だけでみても、1,4倍って、そんなすごい数値には思えないですよね。

 では、いったい何がすごいのか。

 それは、実行スループットの数値です。

 最大通信速度とは、理論上、可能な最大速度であり、実際に使うときの数値は、もっと下回ります。例えば、最大通信速度が1Gbpsのインターネット光回線を契約した場合、実際に通信速度を計測してみると、平均100Mbps程度しか速度が出ない、という具合です。

 一方で、実行スループットとは、実際の使用環境を想定して計測した速度のことです。

 最大通信速度実行スループット
Wi-Fi56.9Gbps1.048Gbps
Wi-Fi69.6Gbps4.040Gbps
※実行スループットの参考値は、NECプラットフォームズ㈱の調査結果です

 Wi-Fi6 が本当に速い理由は、実行スループットにあります。 Wi-Fi6の実行スループットは、Wi-Fi5のそれに比較して約4倍にもなると言われているのです!

 最近は、大型テレビで高画質の動画をストリーミング再生する機会も増えてきました。動画再生していると、映像が途切れたりした経験はありませんでしょうか。 Wi-Fi6 が普及してくると、こういったこともなくなり、快適に超高画質動画を再生できるようになることでしょう。

多くの機器を接続しても通信が高速かつ安定!

 Wi-Fi5以前の世代では、Wi-Fiに多くの機器を接続すれば、通信が遅くなったり、不安定になったりしていました。これから先、もっとスマート家電やIoT家電が普及すれば、Wi-Fiを複数の機器が同時に接続することが多くなり、そうなれば、さらに通信が遅くなったり、不安定になってしまうことでしょう。

 しかし、 Wi-Fi6 では、多くの機器を接続しても、高速かつ安定した通信をすることができるのです。それを可能にしたのが、OFDMAとMU-MIMOという新技術の採用です。どちらも、複数の機器と接続するための技術です。

 OFDMAとは、直交周波数分割多元接続のことで、同じ電波を使った1対多数の接続において、周波数の違いで情報を区別する技術のことです。もう少しかみ砕くと、電波を分割して、複数の機器と接続することができる技術のことです。

 MU-MIMOとは、Multi User MIMOのことで、複数のアンテナで複数の機器と同時に通信する技術のことです。また、MU-MIMOは、さらにビームフォーミングという技術が使われており、この技術は、ビームフォーミング対応の機器へ集中的に電波を放射することができ、効率的な電波の送受信を可能とするものです。MU-MIMOはこれらの技術を活用することにより、複数台の機器を同時接続しても、スムーズな通信が可能となったのです。

 このOFDMA及びMU-MIMOの新技術を採用することにより、 Wi-Fi6 は多くの機器を同時接続したとしても、高速かつ安定した通信を提供することができるようになったのです。

省エネ!

 Wi-Fi6 では、Wi-Fiと接続している機器のバッテリー消費を抑えられるTWT(Target Wake Time)という技術が採用されています。

 TWTとは、Wi-Fiルーターが、接続している機器の通信の必要性の有無を判断し、通信の必要がない機器の通信機能をスリープ状態にさせることで、消費電力を抑え、バッテリーを長持ちさせることができます。

 一方、Wi-Fi5以前のWi-Fiの場合は、Wi-Fiの電波を使用している機器がひとつでもあれば、同一Wi-Fiの通信範囲内にある接続機器についても、通信する必要がなくても、自動的にWi-Fiに接続され、バッテリーが消費されてしまうという状態でした。

 Wi-Fi6 では、TWTという技術が採用されているため、Wi-Fiに接続している機器のバッテリーの消費が少なく、省エネなのです。

Wi-Fi6に変えるべき?

 2019年以降、高速インターネット10Gbps回線のサービスが続々と登場しています。

 それにあわせて、 Wi-Fi6 対応のWi-Fiルーター、スマホ、タブレット、パソコンなども発売されてきていますが、まだ高価で商品数は少ないように感じます。

 ですが、これからは Wi-Fi6 が間違いなく普及していきます。Wi-Fiルーターというのは、長く使っていくものであるので、購入するのであれば、 Wi-Fi6 を選ぶことに間違いはありません。また、これから発売されていくスマートフォンなど様々な製品は間違いなく、 Wi-Fi6 対応になるはずです。

 機器だけでなく、4Kよりもさらに高画質な8Kのストリーミング視聴、IoT家電の屋外からの操作、VRによるスポーツ観戦などを日常的に楽しむことができるようになり、超高速、大容量という特性を活かした、今では想像もできないような様々なサービスが、これからは提供されていくことでしょう。

 これから標準化されるであろう Wi-Fi6 。これから機器を買い替えることを検討しているのであれば、 Wi-Fi6 対応の機器へと変えるべきだと言えます。間違いなく、豊かな生活へとつながっていくことでしょう。

最新情報をチェックしよう!