通信速度の上り、下りとは、どういう意味?快適にインターネットができる目安も解説

 
もば美
インターネット回線を契約したいんだけど、通信速度の上り、下りって、どういう意味?どれくらいの速度があれば、問題なく使えるの?
 
もば平
上りがアップロード、下りがダウンロードという意味だよ。それぞれの意味や、どれくらいの通信速度だったら快適なのかも、説明するね!
上り下りのエスカレーターの画像

 通信速度の上りと下り。

 初めてインターネット回線を契約しようとする人には、馴染みがなく、イメージが湧きにくい言葉だと思います。

 私も、インターネットを始めたばかりのころは、インターネットの専門用語である上りと下りが何なのか全くわかりませんでした。

 このページでは、インターネット回線の通信速度の上り、下り、Mbpsとは何か、快適にインターネットをするならどれくらいの通信速度が必要なのかを具体的に紹介します。

 わかりやすく説明していますので、ぜひ参考にしてみてください。

上り、下り、Mbpsの意味

 上り、下りとは、通信の方向を表しており、Mbpsは通信速度の単位を表しています。

 パソコンやスマートフォンなどの通信機器から見た場合の方向を表していますので、「送信=上り」、「受信=下り」という意味で使われています。

上りの意味

 「上り」とは、パソコンやスマートフォンなどの通信機器から、インターネット上へデータを転送する際の通信のことで、簡単にいうとアップロードのことを言います。

 例えば、SNS(ツイッターやFacebookなど)に画像を載せる際の通信や、メールやLINEでメッセージを相手に送信するときの通信のことが、「上り(アップロード)」です。

 したがって、例えば「最大通信速度 上り 1,000Mbps」と記載があれば、「パソコンやスマートフォンなどの通信機器から、インターネット上へデータを送信する通信速度は、最大で1,000Mpbsです」という意味になります。

下りの意味

 「下り」とは、パソコンやスマートフォンなどの通信機器が、インターネット上からデータを受け取る際の通信のことで、簡単にいうとダウンロードのことを言います。

 例えば、動画配信サイト(YouTubeやAmazonプライムビデオなど)を使って動画を再生する際の通信や、メールやLINEでメッセージを相手から受信するときの通信のことが、「下り(ダウンロード)」です。

 したがって、「最大通信速度 下り 1,000Mbps」と記載があれば、「インターネット上からパソコンやスマートフォンなどの通信機器へデータを受信する通信速度は、最大で1,000Mbpsです」という意味になります。

通信速度のMbpsの意味

 参考に、通信速度の上り、下りと一緒に掲載されているMbpsなどについて説明します。

 bps(ビーピーエス)とは、1秒間に何bit(データ量)送受信可能かを表す単位で、数値が大きいほど、通信速度が速くなります。

  • 1,000bps=1Kbps(キロビーピーエス)
  • 1,000Kbps=1Mbps(メガビーピーエス)
  • 1,000Mbps=1Gbps(ギガビーピーエス)

 また、8bit=1Byte(バイト)なので、例えば、8Mbpsなら1秒間に約1MB(メガバイト)の通信が可能となることを表しており、1秒間に普通の画質の画像1枚ほどを送信できるくらいの速度ということになります。

上りと下り、どっちの通信速度が重要?

 では、通孫速度の上りと下りでは、どちらが重要なのでしょうか?

下りの通信速度がとっても重要!

 下りの通信速度が重要です。

 家庭でインターネットをする人のほとんどが、インターネットで知りたい情報を検索して、サイトを閲覧したり、動画を見たり、音楽を聴くことが目的だと思います。

 検索する、サイトを閲覧する、動画を見る、音楽を聴くという行為は、すべてインターネット上にあるデータ・情報を、パソコンやスマートフォンに落とし込むという行為になりますので、「下り」のインターネットを使っていることになります。

 したがって、家庭で使用する場合には、インターネットの下りを使っていることが多く、下りの回線速度が重要であると言え、下りの回線速度が速ければ速いほど、快適なインターネットを楽しむことができるということになります。

 なお、パソコンなどの通信機器から、インターネット上へ多くのデータを転送する人(ユーチューバーなど)であれば、上りの回線速度も重要となってくるでしょう。

下りでの快適な通信速度の目安

 快適に通信できる下りの速度は、通信の用途によって変わり、詳細については、次のとおりです。

メールやLINE(SNS)でのメッセージ送信、受信

 128Kbps~1Mbps程度の速度があれば、ストレスなく通信をすることができるでしょう。

 文字だけの送受信であれば、問題ありませんが、画像や動画の送受信であれば、時間がかかってしまいます。

ウェブサイトの閲覧

 1Mbps~10Mbps程度の速度が目安です。

 サイト内で高画質画像や写真が多くあるようであれば、5Mbps程度あれば、ストレスなく、インターネットさーびんを楽しむことができるでしょう。

動画の視聴

 5~25Mbps程度の速度が目安です。動画の視聴については、動画の解像度によって、推奨される通信速度が違います。

 YouTubeでは次の速度を推奨しています。

     動画の解像度       推奨される持続的な速度   
4k20Mbps
HD 1080p5Mbps
HD 720p2.5Mbps
SD 480p1.1Mbps
SD 360p0.7Mbps

引用元:YouTubeヘルプ

オンラインゲームで遊ぶ

 10Mbps以上の下り速度が必要となります。

 しかし、これは最低限の数値であり、高画質なオンラインゲームをストレスなく楽しむには30Mbps以上の下り速度が必要になってきます。必要が速度が出ていなければ、「ラグ」といって、プレイヤーが操作してから、実際に反映されるまでの遅延時間が発生し、快適にオンラインゲームで遊ぶことができません。

最大通信速度は出ない

実際の速度と最大通信速度は異なる

 インターネット回線業者の広告などには「最大通信速度 下り1,000Mbps」といった記載がありますが、これは理論値であり、実際は様々な要因により、その最大通信速度が出ることはありません。

 例えば、下りの最大通信速度が2Gbpsだとしても、平均速度は450Mbps程度だったり、最大通信速度が1Gbpsであれば、平均速度は250Mbpsであるといった具合です。

 しかし、2Gbpsや1Gbpsの最大通信速度が出ていないとしても、実際の速度が450Mbpsや250Mbpsも出ていれば、十分快適にインターネットを使用することができますので、まったく問題はありません。

実際の通信速度の測定方法

 実際の通信速度については、通信速度を計測するサイドがあります。誰でも会員登録をせずに使用することができますので、参考にしてみてください。

FAST.com

 サイトにアクセスすると同時に、通信速度の計測を始めます。動画配信サービスの「Netflix」が無償で提供しており、下りの通信速度、上りの通信速度などの計測が行えます。

Speedtest by Ookla

 「GO」のボタンを押すと、下りの通信速度、上りの通信速度などが計測できます。

Googleの検索窓

 Googleの検索窓に「スピードテスト」と入れて検索すると、検索結果の最上部に「インターネット速度テスト」と「速度テストを実行」ボタンが表示されますので、「速度テストを実行」ボタンをクリックすると上り通信速度や下り通信速度などが計測できます。

まとめ

インターネットを楽しむために下りの通信速度が重要なのは、インターネットをするときには、下りの通信ばかり使っている人がほとんどだからです。

 それでも、インターネットで何をするかは人ぞれぞれですので、自分の生活スタイルに合ったインターネット回線を選択するのが大切になります。自分が何をするためにインターネット回線を契約するのをよく考え、上記に記載した「下りでの快適な通信速度の目安」を参考に、どの最大通信速度を選べばいいのか検討してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!