Wi-Fiの画像

Wi-Fiの電波が届かない、弱いの改善方法! わかりやすい対処方法を徹底解説

 
もば美
Wi-Fiルーターを置いている部屋の2つ隣に私の部屋があるんだけど、通信が不安定で、高画質の動画が見れないの。どうにかならないかな?
 
もば平
そういった場合は、Wi-Fiルーターの場所を変えるとか、Wi-Fiの周波数を変更するとか、他にも5種類の対処方法があるよ!わかりやすく説明するね。

 「家のどこにいるかで、Wi-Fiの電波の入り方が違う。Wi-Fiの電波が弱い。」と悩みを持っている人は多いことと思います。

 かく言う私も、以前は自分の部屋に行くとWi-Fiの電波が入らずイライラしてました。腕を伸ばしてスマホを高い位置に掲げたり、振ったりして、何とかWi-Fiの電波を拾ってくれないかと、努力していました。そんなことをしても、スマホはWi-Fiの電波を拾ってはくれません。

 私と同じく、無駄な努力をしている人は少なくないはず。

 そんな私の部屋でも、試行錯誤をした結果、今では快適なインターネットライフを楽しめるようになりました。

 Wi-Fiの電波が届かない、弱い、そういった悩みの改善方法をわかりやすく説明し、皆さんの悩みが解決できれば幸いです。

Wi-Fiから電波が飛ぶイラスト

Wi-Fiの電波が届く距離

 Wi-Fiの電波が届く距離は、条件が良ければ、直線距離で50~100mと言われています。

 一方で条件が悪ければ、Wi-Fiルーターが近くにあっても、Wi-Fiの電波が弱かったり、不安定になったりもします。

 つまり、様々な要因により、Wi-Fiの電波は通りにくくなったり、通信が不安定になったりするのです。

 電波が通りにくくなっているような要因を特定し、排除することができれば、Wi-Fiの電波をより遠くへ飛ばすことができます。

 Wi-Fiの電波の進行を阻害する要因について、説明をしていきましょう。 

Wi-Fiの電波の進行を阻害する要因

猫が邪魔する写真

 Wi-Fiが届かない場所があるなら、Wi-Fiが届かなる原因を知ることが、改善するためには必要です。 

 Wi-Fiの電波の進行を阻害する要因は、主に次のものがあげられます。

  • 距離
  • 障害物
  • 電波干渉

 では、それぞれについて、詳しく説明をします。

距離

 先ほど触れたように、Wi-Fiの電波の届く範囲は、Wi-Fiルーターから直線距離で50~100mだと言われていますが、届く範囲のすべての場所で、高速なインターネットができるわけではありません。

 Wi-Fiルーターから離れれば離れるほど、電波は弱まっていくため、通信速度は遅くなっていき、また、接続も不安定になっていきます。

 したがって、Wi-Fiの電波を使用するときは、Wi-Fiルーターから近い距離の方がよいでしょう。

障害物

 壁や天井などに使用されている素材によっては、電波の障害物となる場合があります。

 一般的に、金属、金属性の素材が入ったガラスなどは、電波を反射もしくは吸収し、また、コンクリート、断熱材、土壁などの高密度素材や高湿度環境は、電波を通さなかったり、弱らせることがあります。

 たとえ、木材であったとしても、アンテナを遮断するように棚の奥などに設置するのは、電波にとって悪い環境と言えます。

 つまり、電波の障害物となる上記素材の物などを、Wi-Fiルーターの周りや、Wi-Fiの電波を利用する場所の間に置かない方がよいでしょう。

電波干渉

 電波は、電波同士の干渉によっても、届きにくくなる性質をもっていますので、周辺に電波を出すような家電製品を置いていると、電波干渉によって、電波が弱まったり、通信ができなくなってしまいます。

 電波障害を引き起こす家電製品は、電子レンジ、コードレスの電話、IHクッキングヒーター、Bluetooth機器、掃除機、洗濯機、ドライヤー、プラズマテレビなど様々なものがあります。

 特に、電子レンジは、使用時には強力な電波を出すので、強い電波干渉が起き、通信が一切できなくなることもあります。

 Wi-Fiの電波は、水を通過しにくい性質がありますので、水回りにWi-Fiルーターを設置してはいけません。

 そのため、台所や風呂場などからは離れたところに設置しましょう。また、室内に水槽などがある場合も、水槽のとなりにWi-Fiルーターを置いたり、Wi-FiルーターとWi-Fiの電波を使用する場所の間に水槽を置かないようにする必要があります。 

Wi-Fiの電波が届かない状態を改善する方法!

数値がよくなるイラスト
  • Wi-Fiや通信機器を再起動する
  • Wi-Fiルーターの設置場所を変える
  • 周波数帯を変える
  • Wi-Fiのアンテナの向きを変える
  • Wi-Fiルーター本体を変える
  • 中継器を設置する
  • ポケットWi-Fiに乗り換える

Wi-Fiや通信機器を再起動する

 Wi-Fiで通信ができなかったり、電波が弱くて通信速度が出ない場合は、Wi-Fiの不具合も考えられます。真夏などには、熱暴走といって、Wi-Fiルーターの熱が高い状態が長時間続くことが原因で、通信が安定せずに、通信速度が遅くなるなど、うまく動作しないことがあります。

 ルーターの不具合が疑わしいときは、ルーターの電源を切り、しばらく時間をおいてから電源を入れ直すなどしてWi-Fiの再起動をしてみましょう。ルーター不具合は再起動により、その状況が改善する場合が多いので、ぜひ試してみてください。

 スマートフォンやタブレットなどの通信機器に問題があることも考えられ、それらのリセットをすることも有効です。メモリの不安定が解消されるなどして、Wi-Fiとの接続が安定することもあります。

Wi-Fiルーターの設置場所を変える

 Wi-Fiルーターを置く場所を変えることで、通信速度が劇的に改善する場合もあります。

 一番のおすすめは、できるだけ家の中心の場所、もしくは、よく利用する部屋にWi-Fiルーターを置くことです。電波が球体状に飛んでいるので、木造2階建ての場合、2階の低い位置、もしくは1階の高い場所に置いておけば、家全体に電波が届けられるのです。

 また、同じ階のみでWi-Fiの電波を使う場合であれば、Wi-Fiルーターを床から1~2m程度の高さに置くことも有効です。床に置いてしまうと、その半分の電波を無駄にしてしまうことになってしまいます

周波数帯を変える

 2.4GHz帯は遠距離まで電波が飛んでいくというメリットがありますが、家電からの電波障害を受けやすいので、5GHz帯の周波数帯の電波へ変更することで改善される場合があります。

 また、逆に5GHz帯の周波数帯の電波は、電波干渉を受けにくいというメリットがあるのですが、電波が遠くへ飛んでいきにくい性質を持っているので、Wi-Fiルーターから若干の距離がある場合は、2.4GHz帯の周波数の電波を使用することで、通信速度が改善される場合があります。

 2.4GHz帯及び5GHz帯のメリット、デメリットを知ることで、例えば、Wi-Fiルーターを置いているリビングでは5GHz帯の周波数帯を使用し、少し離れた場所にある自室では2.4GHz帯の周波数帯を使用するなどといった使い分けをして、快適にインターネットをすることができます。

 5GHz帯と2.4GHz帯の違いやメリット、デメリットについては「Wi-Fiの 5GHz帯、2.4GHz帯 の違いは?メリット、デメリットをわかりやすく解説」において、わかりやすく説明しているので、参考にしてみてください。

Wi-Fiのアンテナの向きを変える

 Wi-Fiは、ルーターについているアンテナから電波を飛ばしています。

 可動式アンテナがついているルーターを使用している場合は、アンテナに対して垂直方向に最も電波が強く飛んでいきます。つまり、電波を水平方向に飛ばしたいのであれば、アンテナをまっすぐ上に向ければ良く、逆に電波を上下に飛ばしたいのであれば、アンテナを横に倒せば良いのです。

 可動式のアンテナの場合、アンテナの先端からビームのように電波が出ると思ってしまいそうですが、それは違いますので注意が必要です。 

 可動式のアンテナがない場合は、全方位に均一にしか電波が飛んでいかないため、本体の向きを変えたとしても、電波の届く範囲は変わりません。

Wi-Fiルーター本体を変える

 Wi-Fiルーターが古いものを使っているのであれば、電波の届く距離を伸ばすためには、Wi-Fiルーター本体を変えるという方法もあります。

 Wi-Fiルーターが古ければ、当然、最新式のWi-Fiルーターよりも電波が届く距離は短いですし、同じ頃に製造されたものでも値段によって性能に違いがあるからです。

 Wi-Fi6対応(最大転送速度9.6Gbps)のもの、ビームフォーミング機能付きといった最新のWi-Fiルーターを選べば、Wi-Fiが届く範囲が広がるということも珍しくありません。

 なお、Wi-Fi6とは、2019年9月からスタートしたWi-Fiの新規格で、それまでのWi-Fiの4倍程のスピードが出ると言われています。Wi-Fi6については「Wi-Fi6 って何?メリットを初心者でもわかりやすく解説」でわかりやすく説明していますので、参考にしてみてください。

 また、ビームフォーミング機能とは、特定の電子機器に対して、集中的に電波を飛ばすことです。iPhoneを始めとした多くのスマートフォンで対応しており、よりつながりやすく、通信速度も向上します。

Wi-Fi中継器を設置する

 Wi-Fi中継器とは、Wi-Fiの電波を強化するアイテムです。正確には、Wi-Fiルーターの電波を拾い、その電波をさらに遠くへ飛ばす道具です。

 Wi-Fiルーター1台では、電波を飛ばす距離には限界があり、広い家だったり、2階、3階建ての家であれば、寝室や子供部屋に移動すると、通信速度が遅くなったり、安定になったりすることがあります。

 移動をするとWi-Fiの電波が弱くなってしまうような場合、Wi-Fiルーターと通信機器の間に、Wi-Fi中継器を設置すると、通信機器までWi-Fiルーターの電波が届くようになります

 Wi-Fi中継器には、コンセントに挿して電波を拾うタイプと、ケーブルを介して使用する2つのタイプがあります。Wi-Fi中継器の種類は豊富で、様々なメーカーから発売されていますが、現在では、コンセントに挿すタイプ主流となっています。

ポケットWi-Fiに乗り換える

 上記の方法を試しても、どうしてもWi-Fiルーターからの電波が届かない部屋があるという場合には、ポケットWi-Fiに乗り換える方法もあります。

 ポケットWi-Fiであれば、部屋の場所を選ばずに、どこにでも持ち運べ、どこでもインターネットに接続することができます

 

Wi-Fiの画像
最新情報をチェックしよう!