ahamo、povo、LINEMOの各種料金を簡単にわかりやすく比較!

 令和3年3月から、携帯電話会社大手のNTTドコモ、au、ソフトバンクが、それぞれサービスを開始したオンライン専用の新料金プラン。

 新料金プランの名称はそれぞれ、NTTドコモが「ahamo(アハモ)」、auが「povo(ポヴォ)」、ソフトバンクが「LINEMO(ラインモ)」です。

 いずれの料金プランも、基本的に契約やサポートを店頭では受け付けず、オンラインのみとし、データ通信量が20GBの場合、月額2,000円台で携帯大手キャリアを利用できるという、非常にコストパフォーマンスが高いのが特徴です。

今回の記事では、気になるahamo、povo、LINEMOの基本料金、オプション料金、スマホ本体の支払い、初回手数料、違約金や解約手数料について、簡単にわかりやすく比較をしていきます。

基本料金

 まずは、ahamo、povo、LINEMOの基本料金について、比較します。

ahamopovoLINEMO
月額基本料金2,970円0円2,728円
通話料金5分間無料
(その後22円/30秒)
22円/30秒22円/30秒
データ通信量20GB24時間使い放題(330円)
7日間1GB(390円)
30日間3GB(990円)
30日間20GB(2,700円)
90日間60GB(6,490円)
180日間150GB(12,980円)
20GB
データ通信量追加550円/1GB550円/1GB
料金は税込み価格です。

 基本料金では、povoが0円、LINEMOが2,728円、ahamoが2,970円となっています。

 ahamoが割高になっていますが、ahamoには5分間通話無料が基本料金内に入っていて、ちょっとした連絡であれば、通話料を気にせずに通話をすることができます。5分以上電話することって実は少ないので、5分あれば十分です。

 一方、povo、LINEMOの基本料金には5分間無料通話は入っていません。

 povo(20GBの場合)、LINEMOで5分間通話無料のオプションをつければ、550円の追加で月額3、278円となり、3,000円をオーバーしてしまい、気持ち的は大きな違いがあります。

 5分間以内の電話回線を使った電話を頻繁にする方であればahamoが適しており、20GBも使わないという方であれば、povoが適しており、通話はインターネット回線を使った無料通話(LINE電話など)しか使わないという方であれば、LINEMOが適していると言えるでしょう。

ahamo(アハモ)公式サイトへ

オプション料金

 次に、ahamo、povo、LINEMOの追加料金について、比較します。

ahamopovoLINEMO
無料通話
(5分間以内)
無料5分以内通話かけ放題
(550円/月)
通話準定額
(550円/月)
※加入1年後まで無料
無料通話
(かけ放題)
かけ放題オプション
(1,100円/月)
通話かけ放題
(1,650円/月)
通話定額
(1,650円/月)
※加入1年後まで1,100円/月
データ通信なしデータ使い放題
24時間
(330円/24時間)
LINEギガフリー
(LINE使い放題)
海外でのデータ通信20GBまで無料提供予定
(開始時期未定)
海外パケットし放題
(0~2,980円/日)

 ahamoは、データ通信の使い放題プランはありませんが、追加料金不要で日本人が渡航する国の95%をカバーする海外82の国・地域でデータ通信が20GBまで可能です。

 povoは、データ使い放題24時間というトッピングを利用することができ、申し込みから24時間の間、データ通信量を気にせず、各種サービスを利用できるというサービスを提供しており、330円/日となっています。

 LINEMOでは基本料金内でLINEギガフリーというサービスを提供している。LINEギガフリーとは、LINEが提供するLINE通話やLINEトークなどの様々なサービスがデータ通信量を気にせず、使い放題となるものです。

スマホ本体の支払い

次に、ahamo、povo、LINEMOのスマホ本体の支払いについて比較します。

ahamopovoLINEMO
スマホ代の支払い一括か36回払いスマホ販売なしスマホ販売なし

 ahamoのみスマホの販売をおこなっていますので、スマホを他で用意する必要がありません。

 ahamoでiPhone11を36回払いにて購入する場合、機種代は1,371円/月ですので、基本料金と合わせて4,341円/月でドコモの安定した4G、5Gネットワークを使うことができます。

事務手数料

 ahamoはスマホの送料や、新規、乗り換えの事務手数料は無料です。

 また、povo、LINEMOについても、事務手数料は無料です。

違約金や解約手数料

携帯電話のプランは、通常2年縛りがあり、解約時には違約金や解約手数料がかかってしまい、乗り換えのハードルとなっていました。

 しかし、ahamo、povo、LINEMOのどれもが、解約した場合の違約金や解約手数料はなく、余計な手数料を取られることはありません。

申し込み窓口

ahamoの申し込み窓口はこちら。

povoの申し込み窓口はこちら。

LINEMOの申し込み窓口はこちら。

あわせて読みたい

 令和3年3月から、携帯電話会社大手のNTTドコモ、au、ソフトバンクが、それぞれサービスを開始したオンライン専用の新料金プラン。  新料金プランの名称はそれぞれ、NTTドコモが「ahamo(アハモ)」、auが「povo(ポ[…]

あわせて読みたい

もば美 docomoの新プランahamoって安くてよさそう!でも安すぎるから逆に不安…乗り換えても大丈夫かな? もば平 20GBで月額2,970円で格安だし、ドコモ回線だから通信も安定してるんだ。でも、デメリットもきちんと[…]

ahamo
あわせて読みたい

 NTTドコモが新たに打ち出したプラン「ahamo(アハモ)」。  新プランで分かりやすい料金プラン、そして何より20GBが月額2,970円(税込み)で使用できるという格安プランなので、乗り換えを検討している人も多いでしょう。 […]

最新情報をチェックしよう!